Diary 2015. 5
メニューに戻る
5月28日 (木)  イワギリソウ他

岡山からのお客さんがイワギリソウを見たいというので案内をして見に行きましたが花かかろうじて咲いていました。
ヤマボウシやツクシガシワは咲き始めたばかり、ヒメキリンソウやワタナベソウ、オオヤマレンゲは後10日以上先が見頃のように思われました。

20150528-1.jpg 20150528-2.jpg



5月27日 (水)  シタキソウ

牧野植物園へシタキソウを見に行きましたが咲き始めたばかりでした。
ヤマボウシは綺麗に咲いていました。

20150527-1.jpg 20150527-2.jpg



5月26日 (火)  ヨウラクラン

ヨウラクランを見に出かけましたが去年より良い状態で咲いていました。

20150526-1.jpg



5月24日 (日)  梅酒作り

今日は庭の木が茂ってきたので思い切って剪定したり梅酒を4リットル作りました。
我が家は一番安くて水で薄めずにストレートで飲めるので20度の焼酎を使っています。

20150524-1.jpg



5月23日 (土)  ナツロウバイ

20日の夜注文したナツロウバイの花付きの苗がきょうのお昼に届きました。

20150523-1.jpg 20150523-2.jpg



5月20日 (水)  シロヤシオ

シロヤシオを見に出かけましたが今年は裏年で花は終盤でした。
ノビネチドリとシコクハンショウヅルは咲き始めたばかりでした。

20150520-1.jpg 20150520-2.jpg



5月16日 (土)  特別例会 大山

特別例会2日目は大山周辺の植物散策でした。
ここではダイセンキスミレ、ダイセンクワガタ他沢山の植物を見ました。

20150516-1.jpg 20150516-2.jpg



5月15日 (金)  第27回特別例会

5月15日高知駅6:00、美術館を6:15に出発して途中与島で香川の会員さんを乗せたマイクロバスは一路島根県の立久恵峡に向かいました。
車窓からは萌黄色のクヌギやコナラ、タニウツギやヤマボウシ、ホウノキなどの花を眺めているとやがてバスは立久恵峡に到着。
ここではセッコク、イワギリソウだけはどうしても見ておきたいと思っていたが、人の手の届かないはるか遠くの岸壁には安住の地を見つけた
セッコク、フウラン、イワヒバ、イワギリソウなどの植物が沢山ありました。
ヤマイバラやオオメノマンネングサなど初めて見る植物やここには自生していないと思っていたムサシアブミも沢山自生していて
驚きました。
翌16日の大山は夜半から降りだした雨は小雨になっていましたが傘をさしての観察となりましたがその雨も大神山神社奥宮に着く頃にはすっかり
あがって霧に煙るブナの原生林は幻想的で例えようもない美しさでした。
ここで見たいと思っていたのはダイセンキスミレとダイセンクワガタ。
ダイセンキスミレのすばらしい群落がありましたが花は閉じたまま、花を無理にこじ開けて眠たそうなダイセンキスミレを写しました。
川床でダイセンクワガタを探しましたが大変状態のよい株が幾つかあり、沢山写真を撮りました。
奥大山木谷沢渓流ではカツラの巨木があり、雨に濡れたルイヨウショウマやヒメアオキの赤い実が綺麗でした。

今回の特別例会でも沢山の植物を観察でき、2日間で389枚もの写真を撮って帰ってきました。

20150515-1.jpg 20150515-2.jpg



5月14日 (木)  キシツツジ

キシツツジを見に出かけました。
奥のほうは丁度の見頃でした。

帰りに高知アイスに寄りました。

20150514-1.jpg 20150514-2.jpg



5月13日 (水)  タンポポ調査

今日は台風一過、青空が広がる中、愛媛・高知両県の県境へタンポポ調査に行って来ました。

今回の調査は両県の県境に分布し、実態のよく分かっていないツクシタンポポについて3班に分かれて生育状態等についての調査・観察をしました。

私の斑もツクシタンポポを見つけることが出来ました。

20150513-1.jpg 20150513-2.jpg



| 1 | 2 |
2015/5
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

前月     翌月