Diary 2018. 8
メニューに戻る
8月27日 (月)  九州の旅

8月24日から26日まで大分、熊本へ行ってきました。
8月26日はやまなみハイウェイを通って湯布院ICから大分自動車道経由で帰ることにしました。
城山展望所や牧ノ戸峠からの阿蘇の雄大な景色を楽しんだ後は長者原ビジターセンターやタデ原湿原の散策をしました。
長者原ビジターセンターからは三俣山、指山、硫黄山、星生山などの九重の山並みがまじかに見えました。
タデ原湿原は、九重連山の北側(標高約1000m付近)に位置し、火山地形の扇状地にできた湿原です。
ここではヒゴタイ、サワギキョウ、ミヤコアザミ、シラヒゲソウ、トモエソウ、ミズチドリ、ツクシフウロなど
沢山の植物を見て回りました。
タデ原湿原を後にして湯布院に向かいました。
湯布院では狭霧台展望所から湯布院の街や由布岳の写真を写して湯布院の駅前を散策して帰路につきました。

20180827-1.jpg



8月26日 (日)  九州の旅

8月24日から26日まで大分、熊本へ行ってきました。
8月25日は7時にホテルを出発して米塚、阿蘇中岳、高岳、根来岳など阿蘇の雄大な景色を楽しみながら草千里が浜へ向かいました。
草千里ケ浜は烏帽子岳の麓に広がる草原で朝霧のかかる中で草を食んでいる馬を写しました。
草千里ケ浜を後にして原尻の滝へ向かいました。原尻の滝はナイアガラの滝に似ていますが水量が少なくてやや迫力に欠けました。
瀧の傍には8年前に行った時にはなかった大きな道の駅ができていてここで大きなピオーネの房と早生柿、楊貴妃という赤メダカ15匹をお土産に買って帰りました。
岡城址で昼食を済ませて今回の旅の目的でもあるヒゴタイ公園へいってヒゴタイの撮影をしました。
ここではミソハギに停まっては忙しく動き回るブルービーが居たので沢山シャッターをきりました。
おかげで3日間で928枚も写していました。
池山水源にも寄って帰りましたが毎分30トン、13〜14度の清らかな水が湧き出ていて乾いた喉を潤しました。

20180826-1.jpg



8月25日 (土)  スマホデビュー

我が家は全員ガラケーでしたが遅ればせながら5人ともスマホにしました。
スマホの代金は全額支払ったので月々の通信費等の支払いはずいぶん安くなります。

20180825-1.jpg



8月24日 (金)  九州の旅

8月24日から26日まで大分、熊本へ行ってきました。
8月24日は高知を5:30に出発して三崎発9:30のフェリーで佐賀関に渡りました。
大分自動車道の別府湾SAで昼食を済ませて九重ICで降りて鍋ケ滝へ向かいました。
鍋ケ滝は滝の裏側が見える滝ですが雨不足で水量が少なかったように思いました。
鍋ケ滝を後にして大観峰を通って阿蘇のホテルへ向かいました。
ホテルへ着くと荷物を下ろして早速阿蘇山へ行きましたが草千里の手前で霧が出て視界が悪くなったので
引き返して明日再び行くことにしました。

20180824-1.jpg



8月20日 (月)  水抜き

高知城歴史博物館から高知城の写真を撮ろうとお堀を見てみると水がありません。
橋の上には沢山の人がいます。
どうやら「池の水ぜんぶ抜く大作戦」で外来魚の駆除等の模様を写していたのでやがて全国放送されるかもしれません。

20180820-1.jpg



8月11日 (土)  宇佐の花火

初めて宇佐の花火を見に行きました。

20180811-1.jpg 20180811-2.jpg



8月9日 (木)  よさこい祭り

第65回よさこい祭りが9日の前夜祭からスタートしました。
前夜祭には航空自衛隊アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の展示飛行や高知市納涼花火大会の4000発の花火がよさこい祭りの開幕に彩を添えました。
10日、11日の本番、12日の後夜祭まで206チーム、約18000人の踊り子が高知の街に繰り出します。

20180809-1.jpg 20180809-2.jpg 20180809-3.jpg



8月7日 (火)  誕生日

今日はみちちゃんの誕生日。

家族そろってしゃぶしゃぶ温野菜で久しぶりの外食でした。

20180807-1.jpg



8月5日 (日)  天狗高原

オオキツネノカミソリ、ヒナノウスツボ、キレンゲショウマ、ヤマホトトギス、ソバナは咲き始めたばかり、タチコゴメグサ、カワラナデシコ、マネキグサなどは咲いていました。

20180805-1.jpg



2018/8
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

前月     翌月