Diary 2019. 4
メニューに戻る
4月28日 (日)  旭川

4月26日、高知龍馬空港7:35発の飛行機で旭川に向かいました。
羽田には69番ゲートに着きましたが乗り継ぎの時間まで2時間余りあります。
旭川行の55番ゲートまでは1.6Kmもありゆっくり歩いて行きました。
旭川に着くとたぬきさんが迎えに来てくれていて、この車に乗って早速美瑛町の聖台ダム公園のカタクリを見に行きました。
旭川はあいにくの曇りでしたがカタクリを見た後は青い池、白髭の滝、望岳台、上富良野町の吹上露天の湯に行きました。
青い池は曇っていたので池の青さはいまいち、望岳台は3m位の雪の壁がありました。
上富良野町の吹上露天の湯は自然湧出している混浴露天風呂でドラマの撮影で宮沢りえが入った温泉です。
美瑛の町で夕食を済ませて再度ライトアップされた青い池を見ていると雪が激しく降ってきたのでたぬきさんの山荘に
向かいました。
3日間移動に使ったジムニーは旭山動物園でペンギンの飼育員をしている娘さんの車ということでした。
27日、朝起きると旭川市西神楽にあるたぬきさんの山荘の周りは雪で真っ白、早速山荘の周辺に咲いているカタクリ、
リュウキンカ、フクジュソウ、エゾエンゴサクなどの撮影をしました。
朝食後は男山自然公園のカタクリを見に出かけました。
1周1Km位の遊歩道が整備されていました。カタクリやエゾエンゴサクは丁度の見ごろで数十万本ものカタクリやエゾエンゴサクの
美しさに圧倒されて露出やピントを合わす位置がずれていて画像は散々でしたがあまりの美しさにここで昼食を済ませてもう1周して
カタクリやエゾエンゴサクを楽しみました。
男山自然公園を後にして突哨山のカタクリを見に行きました。ここは前日にヒグマが現れたというので鈴を鳴らしながら
登っていきました。
カタクリ、ナニワズ、ヒメイチゲなどを見た後ひぐまさんの家に向かいました。
旭川農業高校の先生をしていたひぐまさんとは2年ぶりの再会でコーヒーやお菓子、イチゴをご馳走になりました。
ひぐまさんの家の大温室や庭のロックガーデンの植物を見た後就実の丘へ行きましたが雲があり展望はあまりよくありません
でした。東神楽で旭川ラーメンを食べてこの日の散策は終わりました。
28日は早くも最終日、朝から雲一つない快晴、青空が広がっています。
再度就実の丘へ向かいました。
就実の丘は大雪山連峰から十勝岳連峰の雄大なパノラマを堪能できる場所、真っ白に輝く旭岳の美しさは格別でした。
たぬきさんはそば打ち4段の腕前で弟子屈町産のきたのましゅうというそば粉だけを使ってそばを打ってご馳走してくれました。
まだまだ旭川に居たかったのですが13:25発の飛行機で旭川を後にしました。

20190428-1.jpg



4月27日 (土)  旭川

4月26日、高知龍馬空港7:35発の飛行機で旭川に向かいました。
羽田には69番ゲートに着きましたが乗り継ぎの時間まで2時間余りあります。
旭川行の55番ゲートまでは1.6Kmもありゆっくり歩いて行きました。
旭川に着くとたぬきさんが迎えに来てくれていて、この車に乗って早速美瑛町の聖台ダム公園のカタクリを見に行きました。
旭川はあいにくの曇りでしたがカタクリを見た後は青い池、白髭の滝、望岳台、上富良野町の吹上露天の湯に行きました。
青い池は曇っていたので池の青さはいまいち、望岳台は3m位の雪の壁がありました。
上富良野町の吹上露天の湯は自然湧出している混浴露天風呂でドラマの撮影で宮沢りえが入った温泉です。
美瑛の町で夕食を済ませて再度ライトアップされた青い池を見ていると雪が激しく降ってきたのでたぬきさんの山荘に
向かいました。
3日間移動に使ったジムニーは旭山動物園でペンギンの飼育員をしている娘さんの車ということでした。
27日、朝起きると旭川市西神楽にあるたぬきさんの山荘の周りは雪で真っ白、早速山荘の周辺に咲いているカタクリ、
リュウキンカ、フクジュソウ、エゾエンゴサクなどの撮影をしました。
朝食後は男山自然公園のカタクリを見に出かけました。
1周1Km位の遊歩道が整備されていました。カタクリやエゾエンゴサクは丁度の見ごろで数十万本ものカタクリやエゾエンゴサクの
美しさに圧倒されて露出やピントを合わす位置がずれていて画像は散々でしたがあまりの美しさにここで昼食を済ませてもう1周して
カタクリやエゾエンゴサクを楽しみました。
男山自然公園を後にして突哨山のカタクリを見に行きました。ここは前日にヒグマが現れたというので鈴を鳴らしながら
登っていきました。
カタクリ、ナニワズ、ヒメイチゲなどを見た後ひぐまさんの家に向かいました。
旭川農業高校の先生をしていたひぐまさんとは2年ぶりの再会でコーヒーやお菓子、イチゴをご馳走になりました。
ひぐまさんの家の大温室や庭のロックガーデンの植物を見た後就実の丘へ行きましたが雲があり展望はあまりよくありません
でした。東神楽で旭川ラーメンを食べてこの日の散策は終わりました。
28日は早くも最終日、朝から雲一つない快晴、青空が広がっています。
再度就実の丘へ向かいました。
就実の丘は大雪山連峰から十勝岳連峰の雄大なパノラマを堪能できる場所、真っ白に輝く旭岳の美しさは格別でした。
たぬきさんはそば打ち4段の腕前で弟子屈町産のきたのましゅうというそば粉だけを使ってそばを打ってご馳走してくれました。
まだまだ旭川に居たかったのですが13:25発の飛行機で旭川を後にしました。

20190427-1.jpg



4月26日 (金)  旭川

4月26日、高知龍馬空港7:35発の飛行機で旭川に向かいました。
羽田には69番ゲートに着きましたが乗り継ぎの時間まで2時間余りあります。
旭川行の55番ゲートまでは1.6Kmもありゆっくり歩いて行きました。
旭川に着くとたぬきさんが迎えに来てくれていて、この車に乗って早速美瑛町の聖台ダム公園のカタクリを見に行きました。
旭川はあいにくの曇りでしたがカタクリを見た後は青い池、白髭の滝、望岳台、上富良野町の吹上露天の湯に行きました。
青い池は曇っていたので池の青さはいまいち、望岳台は3m位の雪の壁がありました。
上富良野町の吹上露天の湯は自然湧出している混浴露天風呂でドラマの撮影で宮沢りえが入った温泉です。
美瑛の町で夕食を済ませて再度ライトアップされた青い池を見ていると雪が激しく降ってきたのでたぬきさんの山荘に
向かいました。
3日間移動に使ったジムニーは旭山動物園でペンギンの飼育員をしている娘さんの車ということでした。
27日、朝起きると旭川市西神楽にあるたぬきさんの山荘の周りは雪で真っ白、早速山荘の周辺に咲いているカタクリ、
リュウキンカ、フクジュソウ、エゾエンゴサクなどの撮影をしました。
朝食後は男山自然公園のカタクリを見に出かけました。
1周1Km位の遊歩道が整備されていました。カタクリやエゾエンゴサクは丁度の見ごろで数十万本ものカタクリやエゾエンゴサクの
美しさに圧倒されて露出やピントを合わす位置がずれていて画像は散々でしたがあまりの美しさにここで昼食を済ませてもう1周して
カタクリやエゾエンゴサクを楽しみました。
男山自然公園を後にして突哨山のカタクリを見に行きました。ここは前日にヒグマが現れたというので鈴を鳴らしながら
登っていきました。
カタクリ、ナニワズ、ヒメイチゲなどを見た後ひぐまさんの家に向かいました。
旭川農業高校の先生をしていたひぐまさんとは2年ぶりの再会でコーヒーやお菓子、イチゴをご馳走になりました。
ひぐまさんの家の大温室や庭のロックガーデンの植物を見た後就実の丘へ行きましたが雲があり展望はあまりよくありません
でした。東神楽で旭川ラーメンを食べてこの日の散策は終わりました。
28日は早くも最終日、朝から雲一つない快晴、青空が広がっています。
再度就実の丘へ向かいました。
就実の丘は大雪山連峰から十勝岳連峰の雄大なパノラマを堪能できる場所、真っ白に輝く旭岳の美しさは格別でした。
たぬきさんはそば打ち4段の腕前で弟子屈町産のきたのましゅうというそば粉だけを使ってそばを打ってご馳走してくれました。
まだまだ旭川に居たかったのですが13:25発の飛行機で旭川を後にしました。

20190426-1.jpg



4月23日 (火)  タンポポ調査

鏡ダム周辺でタンポポ調査をしました。
セイヨウタンポポ、シロバナタンポポ、アカミタンポポ、キバナシロタンポポを確認。

20190423-1.jpg



4月21日 (日)  特別例会

第33回特別例会

4月20日、7時前に巨峰園を出発して開園したばかりの岡山県立森林公園へ向かいました。
総社PAでトイレ休憩、高速道路沿いはコバノミツバツツジやカスミザクラが満開で退屈することはありませんでした。
今回の特別例会ではサンインシロカネソウ、イワナシ、ザゼンソウ、ミズバショウ、リュウキンカはぜひ見てみたいと思っていました。
森林公園の手前2か所でマイクロバスを停めてミヤマキケマン、トキワイカリソウ、オオタチツボスミレ、イワウチワ、イワナシ
などを観察しました。
森林公園に到着して昼食を済ませて熊押し滝まで植物を見ながら観察を続けここで集合写真を写して引き返しました。
開園間もない森林公園のカラマツはまだ芽吹いておらず、日陰には雪が残っていました。
ショウジョウバカマやザゼンソウ、ミヤマカタバミやハシリドコロ、キンキエンゴサク、サンインシロカネソウなどは
咲き始めたばかりでした。
キクザキイチゲや渓流沿いの湿原のミズバショウやリュウキンカは見頃を迎えていました。
森林公園を後にして悠久の里「北房・中津井」の農村型リゾート「なかつい陣屋」へ向かいましたがその途中何か所かで
マイクロバスを停めてショウジョウバカマの白花、ミヤマカタバミ、ミヤマウグイスカグラなどの観察をしました。

真庭市北房地区は西の明日香村といわれ古の頃から拓けたところ。
4月21日は朝食後大谷1号墳へ向かいました。
この古墳は7世紀後期に築かれた3段の墳丘と前面に2段の基壇を持つ5段築造の方墳という全国的にもあまり例を見ない
貴重な古墳といわれています。
国指定史跡で金銅装環頭太刀などが出土しています。
古墳を見た後は新見市や高梁市などの石灰岩地帯の植物を観察しました。
カタクリやスハマソウ、チョウジザクラは殆ど終わっていましたがトリガタハンショウヅルやホタルカズラ、ジュウニヒトエ、
イチリンソウやニリンソウ、チョウジガマズミなどは見頃を迎えていました。
最後にクチナシグサを探して観察した後帰ってきました。

20190421-1.jpg



4月20日 (土)  特別例会

第33回特別例会

4月20日、7時前に巨峰園を出発して開園したばかりの岡山県立森林公園へ向かいました。
総社PAでトイレ休憩、高速道路沿いはコバノミツバツツジやカスミザクラが満開で退屈することはありませんでした。
今回の特別例会ではサンインシロカネソウ、イワナシ、ザゼンソウ、ミズバショウ、リュウキンカはぜひ見てみたいと思っていました。
森林公園の手前2か所でマイクロバスを停めてミヤマキケマン、トキワイカリソウ、オオタチツボスミレ、イワウチワ、イワナシ
などを観察しました。
森林公園に到着して昼食を済ませて熊押し滝まで植物を見ながら観察を続けここで集合写真を写して引き返しました。
開園間もない森林公園のカラマツはまだ芽吹いておらず、日陰には雪が残っていました。
ショウジョウバカマやザゼンソウ、ミヤマカタバミやハシリドコロ、キンキエンゴサク、サンインシロカネソウなどは
咲き始めたばかりでした。
キクザキイチゲや渓流沿いの湿原のミズバショウやリュウキンカは見頃を迎えていました。
森林公園を後にして悠久の里「北房・中津井」の農村型リゾート「なかつい陣屋」へ向かいましたがその途中何か所かで
マイクロバスを停めてショウジョウバカマの白花、ミヤマカタバミ、ミヤマウグイスカグラなどの観察をしました。

真庭市北房地区は西の明日香村といわれ古の頃から拓けたところ。
4月21日は朝食後大谷1号墳へ向かいました。
この古墳は7世紀後期に築かれた3段の墳丘と前面に2段の基壇を持つ5段築造の方墳という全国的にもあまり例を見ない
貴重な古墳といわれています。
国指定史跡で金銅装環頭太刀などが出土しています。
古墳を見た後は新見市や高梁市などの石灰岩地帯の植物を観察しました。
カタクリやスハマソウ、チョウジザクラは殆ど終わっていましたがトリガタハンショウヅルやホタルカズラ、ジュウニヒトエ、
イチリンソウやニリンソウ、チョウジガマズミなどは見頃を迎えていました。
最後にクチナシグサを探して観察した後帰ってきました。

20190420-1.jpg



4月18日 (木)  アケボノツツジ

白花のアケボノツツジを見に行ってきました。

20190418-1.jpg



4月14日 (日)  とさのさと

4月14日、JAの大型直販店「とさのさと」が新しく開店したので行ってきました。
県下各地からの新鮮な野菜や花、新鮮な魚などが販売されていて大勢の方が買い物に来ていました。
我が家でもいろいろ買って帰ってきました。
ちょっと高かったのですが烏骨鶏の卵を買って帰ったので特選だし醤油で卵かけご飯にして食べました。
新しくできたツタヤにも寄って食事をしようと思ったのですが一杯なので諦めてジョイフルで食事をしました。

20190414-1.jpg



4月13日 (土)  イワザクラ

見に行くのが2〜3日遅かったようでした。

さ たす18〜20

20190413-1.jpg



4月8日 (月)  サツマイナモリ

ちょっと早かったですが綺麗に咲いていました。

20190408-1.jpg



| 1 | 2 |
2019/4
SuMoTuWeThFrSa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

前月     翌月